インテリア家具で素敵空間

みなさんはソファやベッドなどの「家具」について考えたことがありますか?
「家具」はどの家庭にも存在するといっても過言ではないでしょう。
では、「家具」は、いつ頃から存在したのでしょうか?今回はそんな「家具」についての歴史や、家庭にある定番家具の紹介をしたいと思います。

家具は、家財道具のうち家の中に据え置いて利用する比較的大型の道具類、または元々家に作り付けられている比較的大型の道具類をさします。日本の建築基準法上は、作り付け家具は、建築確認及び完了検査の対象となりますが、ソファ等の後から置かれるものについては対象外なのです。

ひとくくりに家具といっても、家具の種類は数多くあり、新しい家具も生まれ年々増加傾向にあります。また、ベッドやテーブルといった家具をとっても、材質の違いによる種類の変化もあったり、インテリア要素を含んだ調度家具等もあったりします。

基本的に家具は木製が多いのですが、近年では金属製も多くなってきています。
衣装収納用家具の材質として、日本では、湿気を吸収しやすく燃えにくい桐が最高級の素材とされています。
一人暮らしなどの部屋などにも気軽における家具も勿論有り、こちらはベニヤを重ねて固めた簡易的な素材になりますが、表面の加工がしっかりしている為、最近ではそのチープっぽさは中々感じれなくなってきています。家具やソファの専門店としてはコスト以上に使用される方々に満足感を与える事を考えて造られているのです。

インテリア家具は安全面もしっかりと

阪神・淡路大震災では、倒れた家具の下敷きになった人が多かったことから、家具を固定することが地震対策として広まりました。壁や床に金具で固定したり、家具と天井の間で棒をつっぱらせたりします。

最近は、自分のコレクションを飾る為のコレクションケースを設置している家が増えてきています。一般的に出回っているコレクションケースは全面ガラス張りで、一面だけ鏡といった素材で出来ている為、よりいっそう安全面を自分で高めておく必要があります。コレクションケースが倒れて、鏡やガラスが飛散したら大変な事になりますよ。

日本では、結婚に際して新婦が嫁入り道具を持参する伝統があり、最も代表的なものが「家具」なのです。

家具のコーディネートは楽しいもの!

テーブルやベッド、ソファは生活する上で私たちには欠かせない家具になっていますね。 家具の種類が多いということは、その分選択する楽しみもあるということです。
ベッドをソファベッドに変えるのもお手軽で良いかもしれません。
その際もソファの種類は数多くありますので、座り心地やカラーなど、こだわりをもって探してみましょう。
また表札も家具の一つと言ってもいいですよね。表札はお家の顔と言われるぐらいですから、素敵なデザインの表札を選びましょう。最近はイラスト入りの表札なんかがあってとてもオシャレなんですよ。
家具の種類は多いですが、部屋のコンセプトをしっかりと固めておけば、あなたのお気に入りの家具がきっと見つかるはずです。

Valuable information

フィリピン留学ニュース

千葉県船橋市宮本|くわじま動物病院

スコティッシュフォールドの販売なら【かわいい子猫のニーナ♪】

自衛隊グッズならショップソルジャー

ストリートマリンクラブ石垣島 | 体験ダイビングサービス。